「夢ゼミ」に、ワトソン営業部員が講師として参加

2024年1月14日、神戸市の「学びへつなぐ地域型学習支援事業」において、毎週日曜日に実施されている
学習支援プログラム「まなびーホーム」内の「夢ゼミ」に、ワトソン営業部員が講師として参加しました。

「まなびーホーム」は、垂水区で毎週日曜日にボランティア講師が中学生20名に学習指導を行う学習支援教室です。
このプログラムは、特別養護老人ホーム「オービーホーム」などを運営する社会福祉法人 丸 様が、神戸市の
補助を受けて運営しています。
http://www.obh2525.or.jp/service_news/gakusyuusien_manabi/post9378.html

「まなびーホーム」では毎月1回、「夢ゼミ」と呼ばれるコーナーが設けられ、学習の後に社会人や大学生などが
自身のキャリアについて紹介し、参加生徒に将来の方向性を考えるきっかけを提供しています。

今回のイベントでは、営業部の社員が「知るということ」と題して、大学の専攻である「知的財産権」や現在の
仕事内容などを30分かけて紹介しました。

講演後には生徒たちと「生成AIの制作物の著作権はどうなると思いますか?」「なぜ工業大学に知的財産権の
学部があるのですか?」「法務を学んでいたのに営業部で働いている理由は何ですか?」など、活発な質疑応答が
行われました。

弊社の社員にとっても、たいへん貴重な機会となりました。

動画はこちらからご覧ください。

PAGE TOP